「あのときすきになったよ」

画像


最近、いじめに関連するニュースをよく耳にします。

難しいテーマです。


自殺するだけの勇気と行動力があれば、もっと他の選択肢があったんじゃないか...といつもいつも思います。真っ暗な心に、小さな光をさしのべてあげられる人がひとりいれば、その闇から出ることができたかもしれないのに......。

手をさしのべるどころか、闇を闇のまま、閉じ込めてしまおうだなんて....。



けんかには愛があるけど
いじめには愛がない。



けんかは気持ちがぶつかるけど
いじめは気持ちが素通りする。




いじめをなくすためには、もっとみんなでけんかをすればいい!!と私は思います。




みんな仲良く!
いじめをなくそう......。

なんて、きっと逆効果です。




キライならキライでいい。
ちゃんと自分のこだわりがあってキライなのなら...
無関心よりずっといい。

こだわりをぶつけあい
いっぱいけんかして
相手の気持ちをきちんと理解することができれば
いつか♪
大キライは大スキに化けるかもしれません。







「あのとき すきになったよ」




彼女の本当の名前は「きくち まりか」
クラスのみんなは彼女のことを「しっこ」とよびます。



どうしてそんなあだ名がついたかは......わかりますよね?



でも、わたしは 「きくちさん」って よぶ

ときどき、こころの中で
「しっこ」って よぶけど.....。






「私」はべつに、しっこさんが好きだったわけではありません。
きっと、ただみんながそう呼んでいるからという理由だけでそう呼びたくなかっただけなのだと思います。
でも、しっこさんにとって「私」の存在はきっと、唯一の小さな光だったはずです。


その理由はしっこさんの行動を見ればよくわかります。






みんなと同調しない子がクラスにひとりいるだけで、救えたはずの命がどんなにたくさんあったことでしょう。




この絵本を読んで、自分も「私」になろう!と思ってくれる強い子がひとりでも増えてくれればいいなと思います。




「私」もしっこさんも強い子です。

自分というこだわりを持った強い子です。










画像人気blogランキングに参加しています。

↑ココをポチッと 
御協力お願いします(*^▽^*)1日1回1クリック! 


アフェリエイトしております。↓絵本のくわしい情報はアマゾンさんで!「タイトル」か「画像」をポチッと... 











あのときすきになったよ

"「あのときすきになったよ」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント