「ルピナスさん」

画像


あの時だからできたんだよなぁってこと、振り返ってみると結構ありますよね。高校生の頃は弓道に夢中だった、短大生の頃はライブへ行くのに夢中だった。社会人になってから絵本と再会し...夢中になった。そして今も...。

どんな時も夢中になれるものがある人生って素敵ですよね。どんな経験も決して無駄じゃない。

思い出は心を育ててくれる。思い出は心を強くする。思い出は人生を豊かにする。

おばあちゃんになった私が、孫に話してあげれるような思い出を、いっぱいいっぱいつくれるよう、毎日、精いっぱい、夢中で生きていけたらいいなぁ。


「ルピナスさん」


ルピナスさんは小さなおばあさんですが、むかしからおばあさんだったわけではありません。うそじゃありません。

...ではじまるこのお話。「うそじゃありません。」といいたくなるのも無理はありません。最後のページにでてくるルピナスおばちゃんを見れば、ずっとずっと昔からおばあちゃんだった気がします。でもね....ルピナスさんには素敵な思い出がたくさんあるのです。


小さな頃、ルピナスさんは、遠い国々のお話をお話をたくさんしてくれたおじいさんと3つの約束をしました。

大きくなったら遠くの国にいってみること。
おばあさんになったら海のそばの町にすむこと。

そしてもう1つ。

「世の中を、もっと美しくするために、何かをしてもらいたい。」というおじいさんに「いいわ」と答えました。


大人になったルピナスさんは世界中を旅し、じゅうぶんみた後、海のそばに住むことにしました。

そして、「世の中を美しくする」ためにステキなことを思いつきます。
それが、ルピナスさんが「ルピナス」さんと呼ばれるようになった理由です。



「ルピナス」という素敵な響きのこの名前は、花の名前です。
青、紫、ピンク.....クーニーの描くその花の絵は本当に美しく、私たちの心まできれいにしてくれます。


小さな頃の3つの約束をはたしたルピナスさんは子ども達にいろんな国のお話をしてあげます。そのお話を聞いた子どもがまたルピナスさんにあこがれて...「いいわ」と約束をします。


世の中を美しくするために、私たちは何をすればいいんでしょうね。


みんなそれぞれ違う人生、みんなそれぞれ違う答えを見つけて、約束をはたすことができればいいですね。そして、また、子ども達にも約束をしてもらわなくては....。


ルピナスさんのようなおばあちゃんになることが私の夢です。






人気blogランキングに参加しています。ココをポチッと 
↑世の中を美しくするために!...↑御協力お願いします(*^▽^*)1日1回1クリック! 


アフェリエイトしております。↓絵本のくわしい情報はアマゾンさんで!ルピナスさんのお話をききたくなったあなたは「タイトル」か「画像」をポチッと... 






ルピナスさん―小さなおばあさんのお話

"「ルピナスさん」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント