「童話の入り口へようこそ」 その2

昨日、小中学校時代の同窓会に出席してきました。

正直なところあんまり出席したくなかったのですがいまだに仲のいい親友に誘われてしかたなく行くはめに・・・案の定、話せる友達もそんなに来てなくて・・・って感じだったのですが、中学時代の国語の先生が出席されていて、当時から、国語だけは大好きだった私は、めずらしく自分から声をかけて、少しだけお話することができました。


「私、今ちょこっとだけ、絵本作家をさせてもらってるんです・・・」って話かけたら、「話、聞かせて~」って言ってくださって・・・いろいろ・・・国語教育について?(笑)お話することができました。


世の中が便利になればなるほど、衰微していくもの・・・それは、「想像力」。

童話などで想像していた世界が、テレビなどで映像化され、まるで現実に存在するかのように流れ、辞書や図鑑で時間をかけて調べていたことも、今なら、インターネットでポン。


今、教師として子どもたちに教えなければならない一番大事なことは、「知識」ではなく、「人間味」だと、先生はおっしゃってました。








子どもの想像力を育てる方法のひとつとして、以前、ココでも少し書きましたが、私は「親子で童話を読むこと。」をおすすめしています。




どうぞ、子どもの手を引いて、扉を開いてみてください。


物語の中の、架空の動物やお城の様子を話しあったり、空を飛んだり、海にもぐったりした時の気持ちを親子で一緒に考えてみてください。


目に見える現実だけがこの世の全てではありません。

心に見える世界が素敵なことを
目に見えない人の気持ちを考えることが大切なことを
「人間味」をもって、親が子どもに
便利な今の世の中だからこそ
時間をかけてゆっくりと
教えてあげる必要がある気がします。




すっかり硬い話になりましたが、もっと単純に・・・
童話を音読するのって楽しいですよ~
誰かと一緒に読めば、笑いも×2!


私が今、一番はまっているシリーズは、二宮由紀子さんの「あいうえおパラダイス」シリーズです。


まだ続々刊行中のこのシリーズ。

「あ、か、さ、た、な、は、ま、や、ら、わ」のそれぞれの行の言葉の文字ではじまる言葉ばかりでお話が作られているんです。


「あ」行のタイトルは「るひ ひるが るいていると」


画像





最新刊のタイトルは「ぬきの ろべえの こやきや」


画像




「た」のお話なら、全て「た」のつく言葉でお話が書かれているので、童話や日常会話では、普段あまり使わないような言葉もチラホラでてきます。


例えば、たぬきの たろべえの たこやき屋に たったひとり 立ちよらない たいやき屋の たごさぶろうが

「たまらんなあ、たろべえの たこやきには たちうちできん。
たいやき屋を たたむしかないかなあ・・・・・」


と、ぼやいたりするのです。



言葉あそびを楽しみながら、いろんな言葉を物語の中で理解していくことのできる、珠玉のナンセンス童話集。





もしろそうな はなしから やこで んどく♪してみることを おきなこえで すすめします。





画像人気blogランキングに参加しています。

↑ココをポチッと 
御協力お願いします(*^▽^*)1日1回1クリック! 


アフィリエイトしております↓絵本のくわしい情報はアマゾンさんで!

「タイトル」か「画像」をポチッと...↓






たぬきのたろべえのたこやきや (あいうえおパラダイス た)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

chisayan
2008年01月22日 12:36
 奥の深い話ですな。確かに人間味を「教える」事は難しいかも。だって、教えてもらって会得する物ではないし…。想像力の話からはちょっとずれるけど、この正月、実家近くの公園の砂場で息子ら(5,4年)と遊んだ時の事。
一心不乱に穴を掘って落とし穴作りに没頭してた息子達。誰かが落ちるのを想像してワクワクドキドキ、でもちょっと自分でもはまってみたくてウズウズ。きっと、同い年の友達の中には、塾が始まってる子もいただろうし、公園には私らしかいなかった。寒空の下、砂場で遊び呆ける彼らを見て、子供の時にしかできない事について考えたよ。泥んこのズボン、水たまりにわざと浸かった靴、傘を差さない帰り道…。
想像力もそこから生まれてくるのでは?
今年で最終学年となる兄ちゃんは、今年で最後の「できること」を満喫してほしいです。
sora
2008年01月22日 21:39
こんばんは~
正月早々例のお仕事でグッタリです(*∇*)アハ

ブログを読んで考えてしまいました。
「想像力」を育むって難しい事よね。
子供には、自分に置き換えて考えてみて・・と想像力を働かせられる様教えてるつもり。
けど、理解出来る時と理解出来ない場合があったり・・^^;難しいデス。
「想像力」の無い子がイジメに走る傾向があるって本で読んだ事が・・。そんな子が増えたら、なんだか怖いなぁ~なんて思ったり。

「童謡」我が家にはほとんど無いのよ。
普通の絵本じゃ効果無いかしら?(^m^*)ふふ
たまには図書館へ行ってみようカナ♪

そうそう、小中の同窓会だなんて羨ましいわ。
我が家は引っ越しマニア?なので連絡すら来ないの(笑
2008年01月23日 00:12
同窓会、それなりに楽しく実りのあるものとなったのではないでしょうか?
私の同窓会は中学と高校それぞれ1回だけでした。
また会ってみたいな・・・。

親子で毎日・・・我が家でも毎晩寝る前に読む、
という習慣が出来ました。(絵本ですが)
今は全く同じ本を姉弟2人に読むのは難しいですが、
もうちょっとしたら年が離れていても楽しめる
絵本を2人に読んであげたいと思っています。
またお勧めを紹介してくださいね♪
kayo
2008年01月23日 10:16
chisayanへ

そうだね~。想像することも大切だけど、体験することはもっと大事。

泥をさわると気持ちがいいこと。
雨を肌で感じること。
穴を掘ること、落ちること(笑)

体験したことが多いほど、想像力も膨らむし、人の気持ちも考えられる「人間味」のある人間になれる気がします。

今しかできないこと、いっぱい体験させてあげてね!!
kayo
2008年01月23日 10:35
soraさんへ

お仕事♪なんだろなんだろ楽しみです☆

家のおチビにもまだ「想像」することは難しいみたいです。「自分がされたらイヤなことはお友達にもしちゃいけないよ!」とは言ってあるんですけど・・・どこまで理解してるやら・・・。

「絵本」でも、絵では描かれていない物や文章ではふれられていない主人公の気持ちなどを親子で一緒に考えて話し合えば、充分楽しめると思います。

絵本に描かれている食べ物を手でつかんで、口にいれてあげるフリをして「おいしい?どんな味?」って・・・感じでね!!

「童話」もそろそろ理解できる歳☆カラーの絵がたくさん入っている、お話の短いものから、ちょっとずつ親子で読み進めていけば、すんなり絵本から移行していくことができると思いますよ。
kayo
2008年01月23日 10:55
しまさんへ

今回の同窓会は、中学の時の先生の定年お別れ会として開かれたものだったんですけど、先生が挨拶で、「君達をうけもっていたいた頃の僕の歳と今の君達の歳がちょうど同じくらい・・・」とおっしゃっていて・・・ちょっとびっくりしました。

当時は、「先生」っていうだけで、「大人」で何でも知っていて、泣いたり?悩んだりしない強い人なイメージだったんですけど・・・自分が「大人」と言われる歳になった今もまだ・・・「大人」ってなんだろう?って考えています。


絵本、毎日読んであげてるんですね!
読む順番は、小さい子用→大きい子用で、それぞれ1冊ずつ、できれば自分で選ばせてあげて読んであげるのがおすすめです。お話の時間が楽しくなって、もっと読みた~いってなったら、赤ちゃん用、お姉ちゃん用、ママのお気に入りとそれぞれに選んで楽しんでみてください。
chisayan
2008年01月25日 19:38
そういえば、アマゾンで本を購入しましたよん。アニメの原作、2・3巻目がなかなか書店でそろわず、入荷待ちだったり発注してもらわなあかんかったり(泣)。アニメからでも、活字の並んだ絵のついてない本を読むようになってきて、本を読む楽しさが分かってきたのかな~♪ちょっと嬉しいっす。
ポイントになる??
2008年01月26日 08:41
kayoちゃん、おはよ~
想像力・・・共感します。
子供たちにはいろんなことに興味もってもらいたいな~。
でも最近ゲームばっかりで・・・(悩み)
お友達が来ても皆でゲーム・・・変な光景が。
途中で、ほら皆外に出て~~~。って外に出して遊ばせます。
この前公園で、今なら落ち葉がたくさん落ちているから、落ち葉をたくさん手にとってぱらぱら~~~って遊んでたよ。真っ黒になってしまったけど・・・
またそんなことして遊ぼうね~。
今日は、まだ僕ちゃんが調子戻ってないみたいだけど、元気だから図書館でも連れて行こうかな~。
kayo
2008年01月27日 11:47
chisayanへ

お買い上げありがとう♪
最近ずっとマトの会ごっこができてないので、またプレゼント企画とかしたいな~と思ってるんだけどなかなかね~(汗)
その前に頼まれてるアレを考えなきゃね!!まだ手をつけてません(滝汗)

テレビのようにただ与えられるのではなく、マンガでもなんでもいいから、自分で選んで自分で読むってことは、いいことだと思うの!夢中になれるものいっぱい見つかるといいね♪

kayo
2008年01月27日 12:32
miyamoさんへ

ゲーム・・・強敵ですね。

おチビにはまだあえてないけど・・・小学校に行きだしたら欲しいって言い出すだろうな~。

ゲームは大人になってからでもできるけど、公園で遊んだりするのは、子供の頃しかできませんもんね!また、いつもの公園で一緒に遊びましょうね~。

この記事へのトラックバック