「ビロードのうさぎ」

画像


週末、やっとこの絵本を読みました。

駒子さんの新刊だぁ~ととびついて、だいぶ前に購入したくせに、なんだかもったいなくて(笑)なかなか開くことができませんでした。



素敵なお話だということは知っていたので、駒子さんの「抄訳」で読む前に・・・

画像



もう一度、桃子さん訳のこの本を読んでからにしようと決めていたんです。・・・ところが、本棚の一列奥にある(前列の本を全部とらないと出せない場所にある)この本をなかなかひっぱりだせなくて・・・




でも、やっぱり、もったいながって、がまんして?この順番で読んで正解でした




それも、「ビロードうさぎ」→「ビロードのうさぎ」の順番じゃなく

「スザンナのお人形」→「ビロードうさぎ」→「ビロードのうさぎ」の順番で



桃子さん訳の一つ目のお話「スザンナのお人形」は、強情で素直に親にあやまることができず、大事にしていたお人形を手放さなければならなくなってしまう女の子のお話です。

でも、お人形をぎゅっと抱きしめる表紙のスザンナはちっとも強情そうには見えないでしょう?


このお話にも、「お人形の魔法」がかけられているんです



そして、その魔法に心を暖かくされたまま、「ビロードうさぎ」を読みました。




この「人形の命」についての素敵な2つのお話に絵をつけられているのは、高野三三男さん。私は、今回この絵本をひっぱり出すまで、何の疑いもなく、外国人画家が絵をつけてらっしゃると記憶をちがいをしていました。

第1刷が1953年。まるでフランス人が描いたようなモダンな高野さんの挿絵は、半世紀以上たった今でもレトロでとっても素敵です






そしていよいよ駒子さんバージョンの「ビロードのうさぎ」



透きとおる緑の瞳
三角のピンクのお鼻
首に結ばれたターコイズブルーのリボン

ちょこんと座った、どこか淋しげなビロードのうさぎ。

その親友の瞳を、のぞきこむようにそっとブルーの瞳で見つめるぼうや。

あぁ、なんてお話にぴったりな世界でしょう


駒子さんの描く人物の服の色や背景は、黒やグレーが多いので、ビロードうさぎの瞳やお鼻の色は、一段と引き立ちます。

まるで生きているかのように、じっと、「ほんとう」の答えを探し続けるビロードうさぎ。





自分の好きなお話を「抄訳」されると、大事なシーンが端折られてイヤな印象をうけることが多いのですが、今回は、この字の量にこの絵の大きさ、このサイズの絵本で本当によかったなと思います。


駒子さんの仕事はやっぱりすごいな~。素敵だな~。

子どもの頃、関西に住んでいらっしゃったのに、全く関西弁をしゃべらない駒子さん。

関西弁をこよなく愛するいつもの私なら、「なんでしゃべらへんねん!」と怒るところですが、駒子さんにだけは、テンション高く関西弁をしゃべって欲しくない(笑)


本のイメージどおり、もの静かで、繊細な駒子さん。



これからのお仕事も楽しみにしています




画像人気blogランキングに参加しています。

↑ココをポチッと 
御協力お願いします(*^▽^*)1日1回1クリック! 


アフィリエイトしております↓絵本のくわしい情報はアマゾンさんで!

「タイトル」か「画像」をポチッと...↓







ビロードのうさぎ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

本やのおばちゃん
2007年06月25日 18:05
2004年にビーエルからベルベットうさぎのなみだでも出てますがやっぱり駒子さんに負けるかなァ。こちらも手にとって見てください
2007年06月25日 19:28
kayoさん、こんばんは。

先日青山ブックセンターで、この原画を
見ることができました。
原画に添えられている文章は読まないよう
にして、まずは絵だけをじっくり眺めて
そしてもう一度最初から、今度はお話も
読みました。私、長い方のお話を読んで
いないので、違いについては言及できませんが
kayoさんのおっしゃるとおり、絵と文の
バランスはちょうどいいと思いました。
「なんだか悲しい話だね」と一緒に見ていた
娘に言うと「本物になれたんだから、
悲しい話じゃないよ」と言われました。
でも、私はなんだか悲しかったな。
るる
2007年06月26日 07:44
私も駒子さんの絵のファンなので、この絵本、大好きになりました。
元のおはなしも、少し前に初めて読んだので、私にとってはどちらも新しいものとして受けとめています。
駒子さんと関西弁…なんだか不思議な気がしますよねー(^^)
kayo
2007年06月27日 21:29
本やのおばちゃんへ

コメントありがとうございます。
昨日の夜からメンテナンスでログインできなかったのでお返事が遅くなってしまってすいません。


このお話って他にもいろんな出版社ででてますよね~。童話館のは、桃子さん訳でウィリアム ニコルソンの絵ですしね。一つの作品を読み比べてみるのもおもしろいですね。

また、近いうちにお店に伺います。例のイベントの件でいろいろお願いしたいことがあるんです。よろしくお願いします。
kayo
2007年06月27日 21:54
rucaさんへ

メンテでログインできず、お返事が遅くなってしまってすいません。

青山ブックセンターって、素敵なイベントがいっぱいあって、すご~~~~~~くうらやましいです(笑)原画でこのビロードうさぎの緑の瞳を見ることができたら、私もきっと切なくなってしまうと思います。

私もいつか、原画が見れるといいな~♪

kayo
2007年06月27日 22:11
るるさんへ

お返事遅くなってしまってすいません。

2年?くらい前の寒~い冬、昔の職場の同じチェーンの本屋さんでサイン会があったんです。サイン会が終わってからのお茶に同席させてもらうことができて、その時に小さい頃のお話とか少しだけ聞くことができたんです。バリバリのテンション高~い関西弁の私達の質問に標準語で静かに答えてくださいました。贅沢で幸せな時間でしたよ♪

この記事へのトラックバック