「あさえとちいさいいもうと」

画像

昨日、私の短い夏休みの思い出に一人旅をしてきました。


旅の目的地は姫路市立美術館でやっている「こどものとも」の絵本展です。

31日までなので、ホントにギリギリだったのですが、行かなかったら絶対後悔する~とずっと読めないままだった文庫本を1冊持って、旅に出ました。


心にも時間にも余裕をもって出かけるのは、ホントに久しぶり。電車の中で本を読んだり景色を楽しんだりすることも......。


数日前まで絵本展会場へ毎日電車通勤していたのに、その時はリストや資料とにらめっこばかりしていました。


旅とは、住んでいる所を離れて、よその土地を訪ねること。
日常を忘れて、冒険すること(*^m^*)


やっぱり、旅はいいですね~♪



何度も電車を乗り換えて、文庫本を半分くらい読み終わった頃、ようやく目的地につきました。


片道2000円以上の電車賃を出す価値あり☆の魅力たっぷりの原画展でした。


その中で私が一番「原画」としての魅力を感じた作品が林明子さんの「あさえとちいさいいもうと」でした。



絵本の原画展に行くといつも思うのは、どうしてみんな原画を目の前にして、絵だけをじっくり見ずに、その上や下に書かれている文章を読んでばかりいるんだろう......ということ。


ひとだかりが出来て、なかなか進まない場所にはいつも絵本のストーリーが書かれているのです。


私はいつもひとだかりの列には並ぶのがイヤで、誰もいないところから、ちょこまかとじっくりすばやく?観るのが好きなのですが、「あさえとちいさいいもうと」の原画はひとだかりの後ろから見ても「うわぁ~」と声をあげそうになりました。


絵本に印刷された絵とはあきらかに違う、光につつまれた作品だったのです。

あさえちゃんの髪もあやちゃんの髪もおひさまの光を浴びてキラキラと輝いていました。


あさえちゃんの後ろ姿と一緒にドキドキしながらあやちゃんをさがすというこの作品は、絵本にしてはめずらしく、正面の顔がほとんどでてこない絵本です。

キラキラ光る髪がキラキラ光る髪をさがして、走る走る走る。


そして、とうとう広がる木漏れ日の下であやちゃんの姿を見つけたあさえちゃんの笑顔。
抱きあう姉妹の髪は本当にキラキラとして光り輝いていました。


林さんの作品としては、地味な絵のイメージがあったこの作品が、こんなにキラキラと光輝く作品だったなんて.....本当にびっくりしました。


福音館書店の印刷技術ならもう少し原画の色に近くすることができるはずなのに、もったいないなぁ。この作品の出版年度は1982年。茶髪に見えるから、色をおさえてしまったのかなぁ?




字を気にせず絵だけを楽しんでいるといろんな発見がいっぱいあるんですよ♪

大通りで自転車がぶつかってしまうシーン。

店の中から顔を出している黄色い服のおばさん。
事故現場に向かって歩くサングラスのおじさん。
左端の電柱に貼られた店の名前。

公園でブランコに乗っている女の子。


ほらほら、どこかで見たことありませんか?(*^m^*)






お昼過ぎに姫路を出て、なんとか間にあいそうと時計とにらめっこしながらもうひとつ美術館めぐりをしてきました。毎年楽しみにしている「イタリアボローニャ国際絵本原画展」です。有名な絵本作家さんの原画をたっぷり、新人作家さんの原画をたっぷり。おかげでおなかはペコペコになってしまいましたが大満足の一人旅でした(^-^)






画像人気blogランキングに参加しています。

↑ココをポチッと このままいくと40位代になってしまいそうです~助けて☆
御協力お願いします(*^▽^*)1日1回1クリック! 


アフェリエイトしております。↓絵本のくわしい情報はアマゾンさんで!「タイトル」か「画像」をポチッと... 
立ち読みだけでは気づけないこともあるのです(*^m^*)




あさえとちいさいいもうと

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

かずみ
2006年08月31日 02:34
kayo先輩
こちらこそいろいろ教えてもらって楽しかったです~。ありがとうございました。

私は妹がたくさん(3人)いるので、私の知らないトコで気がついたらお姉ちゃんになってたんですけど、このお話を読むと ああ、「お姉ちゃん」ってだんだんなっていくんだなあ、ってしみじみ。兄弟ってやっぱり素敵かも。
うちのも早くおねえちゃんにしてあげたいものです。

・・・私も一人旅に行きたいかも。
それにしたって先輩!あんなにどっぷり絵本につかって疲れた後に、やっぱり気分転換に絵本にかかわるあたり、先輩もホントに好きなんですね(^-^)

chisayan
2006年08月31日 17:38
パソコン開けてしばらくしてからkayoちゃんから電話☆雨宿りなんて風流やん~。 ところで、原画展間に合って良かったね!心に栄養をたっぷりやれましたか?姫路市立美術館のたたずまいもいいねー。赤レンガで開放的な空間でしたなぁ。私もできればもっと時間がほしかった・・・泣いても笑っても夏休みは今日で終わりです。明日からまた頑張ろうね!
madoka
2006年08月31日 21:00
あぁ~、夏休みが終わってしまう~!!でも、子どもたちに会えるのが楽しみで仕方ありません♪みんな真っ黒なんやろーなー(笑)でも子どもたちよ、お願いだからしゃべるときは一人ずつしゃべってね…(笑)
chisayanさんの「親子掃除」がうらやましいっ!うちの学校でもやってくれないかしら…(笑)
また明日から絵本紹介していきますね、kayoねえさん!2学期、またここから購入していくことにします♪
2006年09月01日 00:30
こんばんは お久しぶりです (^u^)
展示会 ご苦労様でした。書店の仕事を離れて
から数年、楽しく拝見しておりました。
私も当時は大変でしたが 今では誇りです。
喜びって遅れて来るんですよね。ヽ(^u^) 

kayo
2006年09月01日 18:48
かずみちゃんへ

そ~だね~。チビを見ていても、子どもなりにせいいっぱい生きてるんだな~って思うときがあります。

お母さんだって、子どもが生まれたとたんに、いきなりお母さんになれるわけじゃないもんね。

家はまだいっぱいいっぱいだけど、かずみちゃんとこのおチビちゃんなら、いいお姉ちゃんになってくれそう(〃^ - ^〃)

仕事も絵本、趣味も絵本、とことん絵本バカの私です(@ ゜▽゜@)



kayo
2006年09月01日 18:56
chisayanへ

今日はいろいろありがとね~(@ ゜▽゜@)
楽しかったぁ♪

お兄ちゃん達もいっぱい遊んでくれてありがとう。お疲れ様でした(^- ^〃)

おチビのひとりっこな性格を直すため?また、いろんな所にひっぱりだしてやってくださいまし(@∂_∂)
kayo
2006年09月01日 19:03
madokaちゃんへ

真っ黒になった子どもたち。
40日分の成長をめいいっぱい感じられた1日になったんじゃないかな~(〃^ - ^〃)
きっとみんな先生にお話したい素敵な思い出をいっぱい作ってきたんだろうね。

お探しの例の品、やっと発見したので送りました♪お楽しみに(^- ^〃)
kayo
2006年09月01日 19:09
からまるさんへ

お久しぶりです(*⌒▽⌒*)
コメントありがとうございます。

ワ~イ、久しぶりにおじゃまするぞ~と思ったのに??なぜかリンクがちゃんと飛びませんでした。残念☆

また、声を聞かせてくださいね~。からまるさんの新作写真、また見たいなぁ。
2006年09月01日 23:41
いい旅ですね!

私、東京でやってたこどものとも展には行き損ねたんです。kayoさんの記事を読んでたら「行けば良かった~」と思ってしまいました(-_-;)

ボローニャ絵本原画展は、我が家は毎年娘たちと観に行きます。今年はギリギリ最終日に、家族4人で行ってきました! 感想が書けないうちに、もう原画たちは、そちらでkayoさんたちの目を楽しませていたのですね~
chisayan
2006年09月02日 11:12
kayoちゃん、おはよう♪今朝は早くからポ☆モン映画を見にお兄ちゃんたちが出かけて行きました。昨日はちびっこ達の“お兄ちゃん”を頑張って、帰ったらヘトヘト?(*^-^*)それでもコスコ姉さんとうちで夕飯食べて、やっと一息自分の時間と言わんばかりに寝そべって遅くまでダラダラしてました。夏休みはずっと週末ゆっくりできなくて、子供の行きたい所=親の連れて行く場所とは限らない・・・。だから、「ドリームランドはもういいから、せめて映画見たいな~・・・」とポツリとつぶやかれてしまい、母心がジクリと痛みました(汗)。慌てて上映時間チェクして、最後のサービスです。お小遣い持って、兄弟で相談しながら何かグッズを買うんやろうな、母は帰りに迎えに行くのみ!劇場前で待ち合わせです。さあ、そろそろ迎えに行ってきま~す^^)
kayo
2006年09月02日 12:13
miyacoさんへ

こどものともの原画展、行き損なってしまったのですね・・・残念でしたね~。でもmiyacoさんのお家の場所なら、いつでもいろんな原画に会えるでしょうから、また見れる機会はたくさんあると思います(*^-^*)絵本じゃないけど・・・私も太郎見たかったなぁ~(*゜▽゜*)

関西にはなかなか絵本の原画はやってこないので少々遠くても日帰りできる範囲なら旅気分で見に行くしかないのです(^- ^〃)おかげで久しぶりに文庫本も1冊読めたし楽しかった♪

ボローニャは毎年の楽しみなのです。開催場所の大谷美術館の雰囲気も大好きでいつも原画を見終わった後、ボ~っと庭を眺めるの時間がなんとも幸せなのです。でも!!いつか本場(イタリア)にも行ってみたいなぁ(*⌒ー⌒*)ゞ



kayo
2006年09月02日 12:23
chisayanへ

昨日はありがとね♪
お兄ちゃんたち、子守ごほうびよかったね~。

子どもたちだけで映画かぁ。
映画館なんて長いこと行ってないな~。せめてビデオになったらレンタルして見よう!といつも思うのに、それすらできない・・・。

ビデオ=おチビの見るもの??だとおチビは思っているようだし・・・。当分私は、絵本だけでがまんします(*^ー゚)v

この記事へのトラックバック