「ふたり」

画像

この絵本の表紙を見て...どっかで見たことのある絵だな?と思った方...多いのではないでしょうか?

そう、この絵本の作者 瀬川康男さんは赤ちゃん絵本の大定番!「いないいないばあ」の絵を描いた方です。

画像


小さな頃は作者の名前なんてそんなに気にしないものなのですが...絵の記憶ってちゃんと残っているものです。家のおチビもよく本屋さんで自分のお気に入り絵本の作者の他の本を私に見せにきては○○と一緒のやつ!といって喜んでいます。全然違うタッチの絵なのによくわかったな~と感心することもしばしば...。子どもってホントによく見てますよね。

絵の作家については、しっかりと絵の記憶が残っているので、名前を覚えていなくても...あぁ、あの絵本の作家さんね...って感じでその作家の他の作品にたどりつくことができるのですが...。問題は文章のみの作家さん!......なかなか覚えてもらえないんですよねぇ(私だぁ...(T ^ T))

でもね!覚えていないことで..おおっ!と思うことがあるんです♪全然知らない作家の絵本なのになんだかちょっと気になる絵本....どんな本だか知りたくて手にとって読んでみる。.....「へ~っ...いい話だったな~。この人、他にどんな話書いてるんだろう?」と作者紹介を見てみると....「えっ!○○と同じ人なの!!!」とよ~く知ってる絵本のタイトルが目に飛びこんでくることがあります。その瞬間...偶然手にとったはずの絵本が本当は必然だったんだとうれしく思うのです♪

自分のお気に入り絵本を見つけられるのは、自分だけです。本屋さんにいったら、まず自分のアンテナを信じて...気になる絵本を手にとってみてください。そこでもし感動を見つけることができたなら...その出会いを大切に覚えていてください。

本を読んでいる時、自分はいつも主人公です。「自分の気持ち」を理解してくれる友達と一緒に旅行をするのは楽しいものです。

友達はたくさんいる方が世界が広がります。
この作家ともっと仲良くなりたい!...と思ったら、その友達の情報を頭のどこかで覚えてあげていてください。

友達って誰でもいいってわけではありません。せっかくわかりあえる友達と仲良くなれたんだから、また一緒にどこかへ行ってみたいですよね♪

でも......もし忘れちゃったら.....?心配御無用!アンテナさえちゃんとはっていれば、きっと思いがけなくまた友達の方から「一緒に遊ぼ♪」と誘いにきてくれるはずです。



「ふたり」


永遠の天敵.....ねことねずみ。

にやり
きらり
ばさり
にたり

勝負あったかと思った瞬間!

ひらり
とぷり
どぶり
げろり
ばたり

倒れちゃったのはどっちだと思いますか??

ねたり
ふたり

なんだ結構仲良しじゃん♪

おわり



絵はぜんぜん違いますが...日本版「トムとジェリー」の世界です。

トムとジェリ~♪仲良くケンカしな~♪

瀬川さんの絵が迫力満点でいいんですよ。



「いないいないばあ」が大好きだった赤ちゃんがおチビちゃんになった頃、この絵本をぜひ読んであげてください。絵を見た瞬間、自分の友達の絵本だと気づいてくれると思いますよ。

そしていつかまたこの絵と再会できた時、小さな頃の大親友の名前は「瀬川康男」という名前だったんだって覚えてくれるとうれしいな。




人気blogランキングに参加しています。ココをポチッと 
↑コチラ友達紹介所♪ここに来てくれる友達も募集しています。↑御協力お願いします(*^▽^*)1日1回1クリック! 


アフェリエイトしております。↓絵本のくわしい情報はアマゾンさんで!この本にニタリとしちゃったあなたは!「タイトル」か「画像」をポチッと... 







ふたり

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

madoka
2006年02月23日 23:24
「いないいないばあ」って瀬川康男さんなんですね。私はむしろ谷川俊太郎さんの「ことばあそび」の方が瀬川さんのイメージが強かったです。「ことばあそび」のなかの「ばか」っていう詩がお父さんと私のお気に入りでした☆
kayo
2006年02月24日 04:38
うん、そ~ね。私も瀬川康男っていうとあの本のイメージが強い。

ばか はかかった たかかった ってやつでしょ?

この詩、教科書採用でもめたって聞いたことがあるよ...。

かっぱも好きよ。谷俊が講演会で読んでいるライブCDを持っているけど...お客さんがタイトル読むだけでもう笑ってるの(* ̄m ̄)みなさん予習は十分できているようでした。
madoka
2006年02月25日 00:02
そうです!「ばか はかかんだ かたかった」っていうやつ。大好き♪谷川俊太郎さんは、読みやすいですよね。「いるか いるか いないか いるか」もしかり。
kayo
2006年02月25日 12:09
谷俊の作品って、ほんとにすごい!

誰にでもわかりやすくて、その上深い。リズム感があって、心に残る。


教科書に載っていた「スイミー」の訳から谷俊という名前を意識するようになった。それからいろんな詩を読んで、たくさんの感動をもらった。教科書にでてきた「朝のリレー」も「生きる」も大好きだった。

教科書を読む時に自分の方が先に知っている作品がでてくるとなんだかちょっと優越感があるよね(=^_^=)

最近は教科書で結構絵本の作品が使われてるみたいだし...。先に親子で楽しく予習?しておくのもいいかもね♪
yuisuke
2006年02月28日 20:52
この本、子ども達大好きですよ~!
読み聞かせに持っていくと、みんな
大喜びなの!言葉のリズムがある本は
いいですよね。もちろん、「ばか はか
かった たかかった」大人気。
「わたし」っていう詩もいいですよ!
kayo
2006年03月01日 13:34
yuisukeさんへ

Divaってバンドを御存知ですか?
谷俊の詩を歌詞にして息子さんが作曲をしてるんです。

もともとリズム感のある詩がメロディにのって歌いだす♪
これまた新しい素敵な世界ですよ。
yuisuke
2006年03月06日 23:24
知らなかった。
早速調べてみました。
聞いてみたいな~!
探してみますね!
kayo
2006年03月07日 00:18
yuisukeさんへ

残念ながら数年前から活動を休止されているんです。
マイナーなのでCDもなかなかCD屋さんには置いてないかもしれません(;^_^ A

CDについての説明はココ↓のサイトを見るとよくわかりますよ。

http://www.asahi-net.or.jp/~AQ4J-hsn/diva/disc/index.html
yuisuke
2006年03月07日 01:08
そうみたいですね。残念だわ!
図書館でもCD貸し出しがあるので、
ちょっと探してみようと思ってます♪
簡単に手に入らないとわかると、
なんだか、ぜーったい手にしたくなります!
kayo
2006年03月07日 03:14
yuisukeさんへ

右上のアマゾンのサーチBOXに「そらをとぶ」といれて検索してみてください。

数点でる中から、草原?に立つ3人のCDジャケットを見つけてクリックして見てください。中古のようですが在庫ありになってましたよ♪
yuisuke
2006年03月24日 21:41
ご無沙汰してます!毎日、のぞいてたんだけど
なかなか、書き込みできずごめんなさい。
そらをとぶ、最初見たときにはあったんだけど
次に購入しようと思ったら既に在庫切れでた。
やっぱり、ほしいと思った時にすぐ行動しなくてはだめですね…。
根気強くさがしてみま~す!
息子が卒園したので、少し余裕ができるかな?
また、遊びに来られそうです♪

kayo
2006年03月25日 02:20
yuisukeさんへ

卒園おめでとうございます♪
もっとお声を聞かせてもらえるようになるなんてうれしいですo(^▽^)o楽しみ~。

「そらをとぶ」残念でしたね~。やっぱりチェックしている人はいるもんなんですね~。レアものは在庫があるうちにゲットしておかないと後悔しそうですね。

やっぱり、おもいついたらそのときに!!!ですね(*^m^*)

この記事へのトラックバック