「さがしてあそぼう 冬ものがたり」「さがしてあそぼう 春ものがたり」

画像


今日御紹介する絵本には文章がありません。でもこの絵本の中にはたくさんの物語であふれています。

まずは裏表紙を見てください。


画像



この絵本にはたくさんの人や動物が出てきます。

誰が一番気になるかしら???お気に入りのキャラクターを一つ決めたらよ~く覚えて、表紙にもどってください。そのキャラクターをちゃんと見つけることができたでしょうか? では....ページを開いて.....さあ、物語がはじまりますよ.....。



「さがしてあそぼう 冬ものがたり」/「さがしてあそぼう 春ものがたり」


物語はみんなが住んでいるアパートの前からはじまります。
農場、駅前、街、デパート、公園。

ページをめくる度に、画面いっぱいの絵の中からそのキャラクターを探しだし、物語の行方を追いかけるのです。

ジョギングをしているおじさん、ず~と本を読み続ける少年、にげたオウムを追いかける親子、帽子好きの女の人、謎のバイク。

追いかけるキャラクターを変えると、いくとおりものストーリーがそこにある楽しい絵本です。



そしてこの絵本のすごいところは.....なんと全部で4冊のシリーズで全ての物語がつながっているというところ。

今、私の手元にはまだ冬と春しかないのですが、もうすぐ夏と秋も発売されるようです。


画像

冬から春へ....

表紙を見くらべるだけでもいろんな変化が見られます。木には花が咲き、雪は溶け、草花が茂っています。人々の服装も軽やかです。

アパートの屋根裏にそりがあげられ、農場の畑にも芽がでています。駅や街では、クリスマスの飾りがイースターの飾りに変えられ、建設中の幼稚園も順調にすすんでいるようです。スケートをしていた池にはカモが泳ぎ、雪に埋もれていた滑り台の下には砂場がありました。

季節は変わっても...おなじみのキャラクター達はあいかわらずです。
おじさんはジョギングしているし、少年は本を読み続けています。

ページをめくって、キャラクターを探しながらお話を想像する。見る度に新しい発見があり、2冊を見くらべることで...いろんな変化に気づきます。

本はしっかりとしたボードブックでできていて、行ったり来たりしても破れません。

早く4冊並べて同じ場面のページを開いてくらべっこしてみたい♪
新しい感覚の遊び絵本です。


人気blogランキングに参加しています。ココをポチッと 
↑10位でいいからココにいさせて~(^◇^;)↑御協力お願いします(*^▽^*)1日1回1クリック! 


アフェリエイトしております。↓絵本のくわしい情報はアマゾンさんで!↓ココから絵本を買ってくだせぇm(_ _)m「タイトル」か「画像」をポチッと... 






さがしてあそぼう春ものがたり

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

madoka
2006年02月21日 19:45
あぁ…次から次にほしい本が出てきて、追いつきません…(涙)
文章のない本って、子どもにいろいろな想像をさせることができるからいいですよね☆子どもの想像力ってすごいですし。なんか自分も子どもやったはずやのに、その想像力はどこへやら…と時々さびしくなります。(子どもには18歳と言っていますが:笑)
kayo
2006年02月22日 11:25
子どもってなんでも聞いてくるけど...なんでも信じるからね~(* ̄m ̄)18歳のmadoka先生♪

この本ね、学校にあったらおもしろいと思うよ~。ぜひ4冊図書経費?で買ってあげて欲しいな。季節の変化ってすごいな~と思える絵本だよ。自然も、服装も、街も...季節が変わるだけでこんなに変わるんだ~と絵にするとよくわかるの。

大きい本なのでみんなで見ても楽しいと思うよ♪
madoka
2006年02月22日 18:36
来年、希望で出してみます。買えなかったら自分だけ買って学級で使おう☆理科でほんとに使えそうです♪生活科とか。
kayo
2006年02月23日 16:27
madokaちゃんへ

希望...とおるといいね♪自分で4冊買ったら結構な値段だよ(^◇^;)でも授業で使うなら、家でゆっくり眺める用に自分の家にも欲しいかも(=^_^=)

欲しい本...ホントにきりがないね。どうしよう(>_<)

この記事へのトラックバック